電動冷温給水機

お店で買うのとどっちがお得?

ウォーターサーバーを自分の家に置く人が増えてきて、市場も活性化してきた影響もありあらゆるところでウォーターサーバーの宣伝を目にする機会も増えてきました。
まだ自宅にウォーターサーバーを設置したことがない方でも、宣伝の売り文句やウォーターサーバーの特集記事などからそのメリットはなんとなく知っているという方も多いと思います。
しかし、個人向けの市場が盛り上がってきたとはいえまだまだウォーターサーバーに対する「高級感」や「贅沢感」は世間に残っているように感じます。
では実際のところ、ウォーターサーバーをレンタル契約するためには大金が必要なのでしょうか?
現在、様々な業者がウォーターサーバー事業に参入しサービスも価格も多様化してきましたが、レンタル契約の場合その維持費の相場は月に2000円~6000円という価格帯になっています。

これを「安い」ととるか「高い」ととるかは人それぞれ感覚の違いですが月にかかかる費用ということで、まとめた金額を見るからわかりずらいわけですがお店でペットボトルの水を買うことと比較してみると、若干わかりやすいのではないでしょうか。
上記の維持費にはサーバーレンタル費、水代(最小注文単位)、送料、メンテナンス契約料・・・といった様々なコストが含まれていますが、業者によってはサーバーレンタル費や送料が無料というところも多く、実質水代だけで維持できるというケースも珍しくありません。
そういった仕組みを頭に入れながら、ウォーターサーバーの水代の価格相場をみていくと、500ミリのペットボトルに換算した場合の価帯帯は約40円~90円といわれています。

これだけみると、コンビニやスーパーなどで買う場合に比べウォーターサーバーを契約したほうが安く済むケースも出てくるということがわかります。
もっと精密に計算すると、前述の維持費に加え月々の電気代が入りますのでそのあたりも加味しつつウォーターサーバーを導入するかどうかを検討すると良いでしょう。