電動冷温給水機

気になるけど…いくら掛かるの?

昔は会社やお店でしか見る機会が少なかったウォーターサーバーですが、そんな業務用というイメージが最近ではすっかり薄らぎ、個人向けのレンタル市場が活性化した影響もあり「ウォーターサーバーは部屋に置くもの」という感覚が広まってきたように思えます。
しかし、とはいってもウォーターサーバーに対する具体的な情報は一部の関係者や実際に自宅に導入したことがある人しかわからないというところも依然あり、ウォーターサーバーを個人で契約ためには高い費用がかかるのではないかと思っている方もまだまだ多数派のようです。
では本当のところ、ウォーターサーバーのレンタル契約を実際にするにあたり月々どのくらいのコストがかかるのでしょうか?
最近は業者の価格競争も激しくなり、昔に比べると破格の値段で自分の部屋に本格的なウォーターサーバーを設置できるようになりました。
月々にかかる費用も各社まちまちですが、サーバーのレンタル+水の配送+水代などの主な諸費用の合計を平均すると、だいだい毎月の支払いが2000~5000円といった価格相場になっているようです。

ただし、この概算は水の購入数量が最小単位での計算になりますので大人数の家庭や料理やその他に飲用以外で水をたくさん使うという方はこの値段に水代が上乗せになります。
(一人暮らしの方であれば最小単位で購入した水の量で間に合うと思います。)
さらにこの概算費用に加えて、ウォーターサーバーの持つ保温保冷のしくみをを機能させるための電気代が発生します。
この電気代もウォーターサーバーの機種によってそれぞれですが、平均すると月々1000円前後といわれています。

これらのもろもろを合算すると、ウォーターサーバーを自宅に設置していつでもおいしい水を飲むためには、最低でも月々3000円程度を負担する必要があることがわかります。
普段お店でペットボトルの水を買っている方は、1ヶ月に飲む市販の水代とこのウォーターサーバーの費用を見比べてみて、ウォーターサーバーを自宅に導入するかどうかを最終的に判断する目安にするとよいと思います。