電動冷温給水機

空き容器の処分方法

ウォーターサーバーを自宅に置いていつでも美味しい水を飲めることを考えると、便利な部分しか思い浮かばないという方も多いと思います。
やはり、新しいものを生活に取り入れようとする際には、楽しい気分が大きく細かいことはなかなか見えにくいものですが、ウォーターサーバーを部屋に置くということになると何かと自分で処理しなければならない部分もでてきます。
ウォーターサーバーを自宅に設置する場合、自分でしなければならないことは具体的にどのようなことなのでしょうか?
まず、わかりやすいところからみていくと、あたりまえのことですがレバーやボタンなどを操作しコップをセットして水を注ぐという行為です。
意外に、このへんも全自動でできると思っている方もいらっしゃるようですが、便利な機器とはいえある程度の手動調整は当然必要になります。

その次に自分でしなければならないことが水を使い切ったときの容器の交換です。
基本的にウォーターサーバーはセットしているタンクに水が入っているときには手元の操作だけで適温の冷温水を飲むことができますが、水の残量がなくなってしまうとレバーを操作しても水がでなくなります。
その場合、交換用のボトルをウォーターサーバーにセットする必要がでてきます。
交換自体は簡単ですが大きい容量のボトルを交換する場合、慣れていない方や女性には少々大変な部分もあるかもしれなせん。

そして、その次に自分でしなければならないことが、空になった水の容器の処理です。
ウォーターサーバーのボトルには大きく分けて、業者が回収してくれるタイプと、自分で処分するタイプの2種類のボトルが存在します。
回収してくれるガロンボトルと呼ばれるタイプのボトルはリサイクル用なので、業者が来た際に渡すだけでよいのですが、使いきりのワンウェイボトルと呼ばれるタイプの容器はそれぞれの住居地区で定められた処分方法にそって破棄する必要があります。
ワンウェイボトルの素材は一般的なペットボトルと同じものや、ビニール素材のものが主流ですので、そこはあまり難しく考えず、地域のゴミ収集ルールのもの指定の日に処分すれば問題ありません。