電動冷温給水機

値段で選ぶ宅配のお水

ウォーターサーバーを初めて自宅に設置しようとする際にはいろいろなことを想定する必要が出てきます。
そのなかでも業者選びは宅配水の契約をするときに非常に大きな部分になってきます。
ウォーターサーバーのレンタルを個人契約する方が増えてきた影響で宅配水を扱う業者も急激に増加してきました。
利用者にとってはサービル業者が増えることは選択肢が広がり様々なニーズに応えてもらいやすくなった良い環境という「喜ぶべき点」ではありますがその反面、どこの業者にするか迷ってしまうという嬉しい悩みが発生してきました。

特に今までにウォーターサーバーを利用した経験がない方にとってはどういった点を比較して良いかがわからず、結局口コミやランキングサイトの評価をみて決めるという方が大半になっているのではないでしょうか。
では宅配の水を選ぶ場合、どのようなポイントを比較するのがよいのでしょうか。
見比べる点は大きく分けていくつかありますが初めての方はまず値段で選んでみるという方法がおすすめです。
宅配水のサービスを利用するときには初期費用と継続費用(維持費)という2つのコストを事前に確認する必要があります。

初期費用というのはウォーターサーバーを自宅に設置する契約をしたときから発生する費用のことです。
この初期費用の相場はだいたい4000円から6000円というラインが一般的ですが中にはこの初期費用がまったくかからない業者もありますので最初の出費に抵抗があるという方は、初期費用がかからない業者を選ぶとよいでしょう。
次に継続費用についてですが、これにはサーバーレンタル代、水代、メンテナンス代、水の送料、電気代といったコストが含まれます。

業者によってサーバー代や送料が無料なのところもありますのでできるだけ費用をおさえたい方はそのような価格設定を重視して決めるのも良いと思います。
また、ウォーターサーバーにかかる一月の電気代は1000円前後といわれていますがこれもウォーターサーバーの性能によってまちまちですので事前に確認しておくと、使い始めてから後悔することが少ないと思います。