電動冷温給水機

ウォーターサーバーの水

個人向けのウォーターサーバーが人気を集めていますが、いつでもおいしい水が飲めるという利点以外に選ばれている理由はどのような部分なのでしょうか?
まず、ウォーターサーバーを自宅に導入する人が増えてきている理由としてあげられるのが水道水に対する安全性への心配が増えてきたということが言われています。
そのまえに、水道水とウォーターサーバーに使われている水の違いについてお話をしますと、ウォーターサーバーに使用する水のほとんどが天然水であるということが大きな部分です。
水道水はどのような過程を経て各家々に運ばれているのかというと雨などの自然の水を浄水場できれいに殺菌消毒処理を施し、飲み水としての厳しい基準の検査のもと一般家庭の水道に運ばれます。

このような優秀な仕組みで日本は世界でも稀に見る「水道水の品質の高い国」とされています。
一方、天然水とはどのような水なのかというと、その名の通り天然の水のことを指しています。
しかし、天然であれば何でもよいかというと、そういうことではなく幾重にも積み重なった天然の地層フィルターでろ過されたものを厳選したものが天然水として私たちの飲み水として利用されます。
では、水道水と天然水の違いは何かというと、消毒加工されているかされていないかというところが大きいと思います。
水道水はやはり安全面を重視して管理されていますので、消毒に使われる塩素の独特の臭いがあります。

これは一般的に「カルキ臭」と呼ばれていますので、聞いたことがある方もいらっしゃると思います。
塩素は臭いだけではなく、地域によっては水の味自体にまで影響を与えることがありますので、それが理由で水道水が苦手という方も少なくないようです。
それに対し天然水はというと、消毒殺菌加工をされていない分天然のミネラルが破壊されずに残っているためカルキ臭もなく味もやさしいという特徴があります。
コンビニやスーパーで市販されているお水もこの「ミネラルウォーター」と呼ばれている種類に分けられます。