電動冷温給水機

仕事場や自宅に是非一台!

今、何かと話題のウォーターサーバーですが、日常の中に一台あるだけで、たくさんの快適さをもたらしてくれる優れものなのです。
いままでウォーターサーバーを使ったことがないという方は、便利なのは知っているけれど、いざ自分の自分の部屋に置くとなると、急にハードルがあがるという声をよく耳にします。
導入に対する垣根はどのようなものかというと、値段が高そうだったり契約方法がわからなかったり、電気代が心配だったり様々な理由があげられるようです。
そういった方々がよく口にするのが「いろいろ大変そう」という言葉です。

では実際にウォーターサーバーを導入するのはそこまで大変なことなのか、ということを検証してみると、まずは値段ですがウォーターサーバーを自宅に設置する場合、考えておく費用は初期費用と維持費についてです。
初期費用は契約時に必要なものですが、業者によっては無料ということろもあり、相場は平均して4000~6000円というのが一般的です。
つぎに維持費に関しては、サーバーレンタル費、水代、送料、メンテナンス契約料などなど諸々で安いところですと2000円~6000円前後と考えておけば、大きな金額差はでないでしょう。

ただし、このおおよその維持費は水の購入量が最低単位での値段になっていますので水の使用量が多い方は、この金額に多少追加の水代を加えて想定しておくとよいと思います。
さらに、上記に加え1000円前後の電気代が毎月かかりますので最低でも月の維持費は3000円~ということになります。
契約方法も特に難しいことはなく、ネットで申込ができますので目当ての業者のサイトから入力を行うだけで、後は業者からの連絡を待てばOKです。

万が一、ウォーターサーバーの使い勝手が想像と違ったり気に入らなかった部分があれば各業者の契約ルールにもとづき解約もできますので一度契約したら長い間使わなければならないという心配もありません。
(ただし、業者によっては解約時にいくらかの違約金が発生する場合もあります)
最近は無料で一定期間お試しができるサービスもありますので迷っているという方は、そういった無料お試しサービスで気軽に仕事場や自宅に設置してみるのもおすすめです。